So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016-09-26

先日は「男騒ぎ」の飲み会で、みんなで写真を撮ったんだけどー。

---

みんな艶やかな黒髪の中、僕だけ髪が真っ白。
司馬遼太郎かよ!ってなくらい。

小学生のころから白髪がちだったんだけど、
ここまでいくと引くわー、我ながら。

でも、この白髪で、色んな人に覚えてもらえることも多い。
良くも悪くも、目立つからねー。

なので、もうこれからは染めなーい。
白髪、ウェルカム!

---

ちな、この白髪のおかげで、潤奈姐さんからは
「小倉のサカモトちゃん(坂本龍一似)」って呼ばれてる。役得やくとくー[ウッシッシ]



nice!(0) 

2016-09-25

ずっと探していて、少し前にTwitterで、お友だちの方から教えていただいた曲。



昔、といってもそう遠くはない昔。
伝説の踊り子さんがいらっしゃった。
その伝説の踊り子さんの、伝説の演目に使われていた楽曲。

初めてお会いしたのは、ちょうど3年くらい前かな。
場所は、渋谷の道劇。
そのステージの衝撃は、今でも鮮明に覚えている。

太宰治崇拝者の僕にとって、津軽はまさに信仰の地。
いつか、地吹雪舞う中、津軽三味線を聴きながら地酒を飲みたいと思っている。
土着の文化香り、かつ比類なく美しいかのステージは、とても衝撃的だった。

ストリップは、五感のすべてを刺激してくれる最高級のエンターテインメントだけれど、
とりわけ、視覚と聴覚は圧倒的だ。
ただただひたすらに美しい踊り子さんの舞いと、それを彩る情感あふれる音楽。

最近の劇場に行くと、その思いを一層強くする。
若い女性のお客さんもたくさんいらっしゃって、心から楽しいひとときを過ごされている。
応援の歓声ときらめくサイリュームを見ると、本当にうきうきわくわくな気持ちになる。

まだストリップに行ったことがない方は、ぜひぜひ足を運んでいただけましたら。
とにかく、美しくて楽しくて、ときに笑いあり涙ありの、真のエンターテインメントです。
絶対に観られずにはいられないステージがそこにはある!



nice!(0) 

2016-09-24

き、清く正しく美しく
よ、よく食べよく寝てよく笑い
は、ハイ!といつでも元気よく
ら、ラリります
っていうあいうえお作文

---

「デコルテライン」って、エロい部分のことだと思ってたよー(「ビキニライン」的な感じで)

---

「殺し屋1」の二郎と三郎を見るたびに、「自分のほうがより強くマネージャーを殴れる」
って競い合う氷川きよしと楽しんごの姿が浮かぶ

---

しずかちゃん「お風呂覗くなよ!絶対に覗くなよ!覗くなよ、覗くなよ・・・覗けよ!」




nice!(0) 

2016-09-22

自分でお金の管理をするようになって思ったんだけど、
お金には「流れ」があるよねー。

毎月、入ってくるお金と出ていくお金は、
だいたいタイミングも金額も決まってる。

前は、単純に「ひと月にいくら使える」って感じだったけど、
それだと資金繰りがうまく回っていかない。

なので、昨日はエクセルで「来年の2月までの出入金予定」を作った。
1日単位で、それはもう緻密に。

というわけで、Operation February Angel
(「2月の天使」作戦)、スタート!

コードネームはもちろん、京八六七号作戦[黒ハート]



nice!(0) 

2016-09-21

週末は、実家に友だちがやって来た。

---

大学時代の友だちKが東京から。
せっかくだから、軍隊時代の友だちYとHも、
久留米と宮崎から来てくれた。

元空手部主将、元空手サークルキャプテン、
元応援団部副団長という超激硬派メンバー。
僕だけへなちょこ文化系っていうね。

4人で温泉に行って、その後は明け方まで家飲み。
ビールに日本酒に焼酎にラムをガインガインに。
戦メリ風に言うと、「男騒ぎ」の二日間だった。

僕は筋金入りの女好きで、東京にいるときは女の人とばかり
飲んでたけど、いやー、男飲みって楽しいねー!

男稼業も44年もやってきたら、色んなことがある。
みんなでわいわいがやがや話しながら、友だちのありがたさを感じた。

皆さま、本当にありがとう。
また、ちょくちょく会えたらいいね。

---

旅の締めくくりに、KをA級小倉劇場にご案内した。
さすが男前のK、潤奈姐さんにモテモテだった。
「お兄さん、抱いてー![黒ハート]」って(笑)




nice!(0) 

2016-09-17

週末、内示をいただきました。
10月1日付で昇進することに。

普通だと4〜5年かかるところを、わずか3カ月でという超スピード出世。
毎日ぼんやり仕事しながらネットサーフィンしてるだけなのに、なんでだろう。

さりげなく理由を探ったら、「飲み会で偉い人にお酌をするときに瓶ビールのラベルを
ちゃんと上に向けてて、乾杯するときには自分のグラスを相手より下にしてたから」

というわけで、今後は渉外業務も担当することに。
いやー、今までさんざん酒席をこなしてきたかいがあったよ。

---

ちな、いやらしい話、おぜぜの方も結構アップするらしい。
アップした分?もちろん、全部ストリップに使います(きっぱり)



nice!(1) 

2016-09-16

「アンタ、組割って出たんだから、態度改めてもらわねえとなぁ」と、
うすら笑いで山本譲二にタバコの煙を吹きかける北山たけし

---

「画王」とか「革命児」とか、昔のテレビの名前ってちょっと中二病っぽいよね

---

「お魚くわえたドラ猫 追っかけて」って、まさか猫がかじった魚を取り上げて
そのままおかずにしちゃうつもりなの!?って話だよね

---

「絵もない 花もない 歌もない 飾る言葉も 洒落もない そんな居酒屋で」って、
そもそも居酒屋にそんなにいらないものばかりだよね。



nice!(5) 

2016-09-15

先週、テレビで「ポーランドで弓道をやってる女性が、憧れの日本にやって来た」
的な番組を見た。超可愛い女の子だったなー。

---

軍隊時代、僕も弓道部に入ってた。
それまで、シャーペンより重いものを持ったことがなかったので、筋トレにはとても難儀した。

そんな中、沖縄出身の人たちは、身体能力が半端なかった。
いっこ上の先輩は、32キロの弓を軽々と引いてた(普通の倍くらいの重さ)

あるとき、打ち上げでテンションが上がって、沖縄の先輩同士がケンカになった。
で、一人がビールの空き缶を投げつけて「フラー!(バカヤロー)」と逃げた。

すると、もう一人が激怒して、弓矢を手に、僕たちに「わん(自分)を担いで追え!」と。
仕方ないので騎馬戦の要領で先輩を担いで走ってたら、いきなり矢をつがえて射た。

うなりを上げて飛んでった矢は、逃げる先輩をかすめて木の壁にビーン!と突き刺さった。
みんなドン引きで、慌てて先輩をおろしてなだめすかして事なきを得た。

リアル那須与一かよ!

---

九州人もはっちゃけてるけど、沖縄人はその比じゃないなあと、
沖縄の成人式を見るたびに納得する。



nice!(1) 

2016-09-14

みんなでカラオケ行ってBOØWYとかBARBEE BOYSとかではっちゃけて盛り上がってるといきなり女子を意識して中西保志の「最後の雨」とか入れて歌上手いアピールして流れをぶった切る人が現れるっていう現象に、
誰か名前をつけてください。

空気読もうよ。



nice!(5) 

2016-09-13

ねぇ、どうするのぉ?どうしたいのぉ?
こんなに熱くなっちゃってるよぉ?
ほら、こんなにあふれてるよぉ?

さっき入れたばっかなのに、まだ入れたいのぉ?
欲ばりだねぇ?
そんなに欲しいのぉ?

じゃあ、入れてあげる。入れて欲しいんでしょぉ?
もう一本入れるよぉ?
これが欲しいんでしょぉ?

よぉく見てぇ?
黒いでしょぉ?
つやつやに光ってるでしょぉ?

ほぉら、入った。
入ったの、分かる?
おっきいの、入ったでしょぉ?

あぁ、すごい。あぁ、イキそう。
ほら、イッちゃうよぉ?
イクとこ、見ててぇ!

あっ・・・!

---

#飲み屋で黒霧島のボトルを入れて店員さんが去っていく様を加藤鷹風に語る



nice!(5) 
前の10件 | -