So-net無料ブログ作成

浅葱アゲハさん@浅葱アゲハさん [美しき踊り子さん]

Have you ever seen a fairy?(妖精を見たことがありますか)

---

浅葱(あさぎ)アゲハさんについて。
ストリップの観客で、浅葱アゲハさんのお名前を知らない人はいないと断言できる。
踊り子さんとして、そして空中パフォーマーとして、その存在は生ける伝説となっている。

浅葱アゲハさんは、空を飛ぶ。
これは比喩ではなく、本当に空を飛ぶのだ。
ティシュー(天井から吊るされた布)を用いて、空を飛ぶ。

初めて浅葱アゲハさんのステージを観たときの感動は、今も鮮明に覚えている。
「あの浅葱アゲハさんに、ついに会えるんだ」と、開演前からとても興奮していた。
深く澄んだ瞳のその笑顔は、オーラに満ち、美しく、気高く、神々しい。
そして、極限まで絞り込まれた細くしなやかな体は、まさに妖精そのものだ。

舞台上、浅葱アゲハさんはのびやかに舞い、軽やかに跳ねる。
その手足の先にまで、凛とした意識が行き渡っている。
音楽に合わせて、ときにぴしりと、ときにひらりと、浅葱アゲハさんは舞う。
両の腕(かいな)は、あたかも天空をつかもうとしているかのようだ。

そして、刹那、浅葱アゲハさんは純白のティシューに手足をからめて一気に空へと翔け上がる。
それは、本当にあっという間の出来事だった。ティシューに身を委ねた浅葱アゲハさんは、
空中で大きく両脚を旋回させる。それに伴いティシューは回転する。
高速で回転するティシューの上で、浅葱アゲハさんはアクロバティックなポーズを魅せる。

地球上に存在する全ての物体は、重力によって支配されている。
しかし、この瞬間、浅葱アゲハさんはあきらかにその重力から、いや全ての束縛から
解き放たれていた。そして、まるでそこが本来の自分の居場所であるかのように、
自由自在に舞っていた。

より高く、より遠く、浅葱アゲハさんは天空に上っていく。
月の妖精が、天高く翔け上がろうとしているかのように。
僕は、ただただ無心にステージを観ていた。
ふと我に返ると、感動のあまり、涙が滂沱として頬を流れていた。

なんと美しいステージなのだろう。もう、ただひたすらに美しい。
感動は、なおも僕の心の奥深くを激しく突き動かす。
ストリップというよりも、もはや「神事」と言っても過言ではないほどに、
それは華麗かつ荘厳なステージだった。

こうして文章を綴ってはいるものの、この感動を言葉で伝えるのは難しい。
どうか、全ての人に、浅葱アゲハさんのステージを観てほしい。
僕が伝え切れなかった激情を、心から感じることができるだろう。
そして、ステージを観た人の全てが、深く、鮮やかな感動を覚えることだろう。


Have you ever seen a fairy?

Yes,I have.
Her name is Ageha Asagi.

---

浅葱アゲハさんの影響を受けて、僕も広島のこと「ひろてま」って言うようになっちゃった(笑)




nice!(1) 
共通テーマ:blog

nice! 1