So-net無料ブログ作成

京はるなさん@初めての出会い [京はるなさん]

今日で、ブログを始めてから10年になります。
長かったような、短かったような。

色々な出会いがありました。
たくさんの、かけがえのない友だちに出会えました。

銚子や湯河原、五反田ではっちゃけたし、中野や野方で美味しいもつ焼きも堪能したし、
陣馬山で最高のビールもキメたし、宇宙一美味しいラーメンも食べたし、あちこちの街を
モヤモヤしたし、ゴージャスなBBQにも行ったし、ガクソン&ハルイシー兄弟にも遊んで
もらったし、屋形船でヒムロックも熱唱したし。
たくさん、たくさんの思い出は、宝石のように、僕の心の中で今なおきらめいています。

縁の恵みに、心から感謝しています。
みなさま、本当に、本当にありがとうございます。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

灯台長

---

出会いといえば。

5年前の8月のある朝、目が覚めた瞬間、なぜだか分からないが会社を休もうと決めた。

起きてからずっと白ワインを飲んでいたのだけれども、せっかくの平日の休み、
どこか街に出なくてはと思い、ほどけた靴紐をむすんで練馬駅に向かった。
池袋で電車を降りて、あてもなく街をさまよっていると、東口の飲み屋街で「ストリップ」
の看板を目にした。

昭和後期の高校時代、地元でストリップ劇場に行ったことがあった。
熊本の下通を入ったところにある劇場前(当時の東洋ショー)では、人の良さそうな
おじいちゃんが「お兄ちゃん、今日はきれいなコ、いっぱいおるよー!」
そんな呼び込みに誘われて、劇場の門をくぐった。

初めて観るストリップは、それはもう衝撃的だった。
ネットなどない時代、女性のヌードを、しかも身近に見られるなどという事はない時代。
感激のあまり、翌週も劇場に行ってしまった。
そして、その後もしばしば足を運ぶようになった。

それから時は過ぎ、東京に出てきてから、東京にも(東京こそが本場なのだけれども)
ストリップ劇場があると知り、何度か観劇した。
当時、通っていたのは渋谷の道劇(道頓堀劇場)。
昭和と平成の差はかくたるや、高校時代に僕が観たステージとは全く異なる、
若くてきれいな女性がダンスを舞っていた。
女性の体とは、そしてその踊りとは、こんなにも美しいものかと感動した。

冒頭に戻る。
その日の池袋ミカド劇場の思い出は、灼熱の太陽と、鳴き止まぬ蝉の声と、
街の喧騒をしのぎ、今なお静謐かつ鮮やかに目に、脳裏に焼き付いている
(その日の香盤も覚えている)。
僕が大学時代に観たときよりも、さらに美しく、魅力的な踊り子さんたちが、
次から次へと現れ、華麗に舞い、正直、頭が混乱してしまった。

そうした中、出会ったのが、京はるなさんだった。
艶やかな長い黒髪に、大きく美しい三日月目、鼻すじはすらりと通り、
優しげに笑みをたたえている。
まさに、洗練された、清純で可憐なセーラー服の美少女。
照明が上がった瞬間、ハッとした。
天使だ・・・!!!

そのときに観たのは、「受験生ブルース」という演目だった。
それは、僕のストリップ経験の中でも画期的なものだった。
ストーリー展開、表情やしぐさ、選曲、そしてエロスの魅せ方など、
すべてが本当に素晴らしかった。

下北系演劇、能、狂言、歌舞伎など色々な分野の舞台を観たことがあったのだけれども、
それらとは全く異なる、格段にものすごい、ワクワク・ドキドキ・エロエロなステージだった。
こんなに楽しいことが、この世にあったんだー!
刹那、京はるなさんに、完全に心を射抜かれてしまった。

そのとき、初めてポラを撮った。
ファンのみなさんは、写真を撮りながら京さんと楽しげにお話している。
一見の僕は、どんな事をお話しすればよいのだろう・・・。
逡巡しながら、行列に並んだ。

やがて、僕の番となった。
「いらっしゃい!いらっしゃい!」
京さんは、鈴を転がすような可愛らしい声で、僕を迎えてくれた。
とてもキュートなポラ着の京さんと一緒に、ツーショットの写真を撮った。
キラキラとした瞳がまばゆい、心に染み入るような笑顔だった。

以来、京さんのステージを追い、さまざまな劇場に行った。
蕨、大和、西川口、栗橋、横浜、新宿、渋谷、上野、岐阜、小倉。
そして、たくさんの美しく素晴らしい踊り子さんにお会いすることができた。
加えて、たくさんの楽しいファンのみなさんと出会えたのは、ひとえに京さんのおかげだ。

「踊り子さん」は、僕の中で、そして多くのファンのみなさんの中で、もっとも尊いと思う。
劇場の帰り道、ファンのみなさんは、とても素敵な笑顔に満ちている。
その中に、もちろん僕もいる。
月光まばゆく輝く下、その日のステージを何度も思い返しながら家に帰った。
こんなにも、みんなに感激を与えてくれる存在があるだろうか。

誰しも、思春期には大好きなアイドルがいて、そして今もいると思う。
僕の世代の男子だと聖子ちゃんや明菜ちゃんやキョンキョン
(僕は原田知世ちゃんファンだった)、女子だとジャニーズ系の方々とか。
最近ではさらに、メジャー・マイナー問わず、たくさんのアイドルがいる。
みなさん、とても魅力的だ。

ストリップも、まさにそれと同じだと思う。
たくさんの踊り子さんがいて、みなさん、それぞれのチャームポイントをもっている。
踊り子さんは、本当に身を削って、毎回、真摯にステージに臨んでいる。
そして、いつも笑顔で溌剌としたステージを魅せてくれる。
ポラのときも、慈愛に満ち、優しく写真を撮ってくれる。
踊り子さんこそ、地上に舞い降りた正真正銘のアイドルだ。

そして、これは強調したいのだけれども、ストリップには女性のお客さんもたくさんいる。
むしろ、最近は確実に増えている。
楽しく美しいステージは、男女問わず、とても魅力的だから。
劇場は、女性のお客さんも大歓迎です。

思い入れが強くてちょっと長くなってしまいましたが、
ぜひぜひストリップ劇場に行ってみてください!!!
本当に、本当にとっても楽しいです!美しいです!
エンターテイメントの極みといっても過言ではありません!
ぜひぜひ!!!

---

今いる実家では、地元出身の橋本環奈さんが色々なCMに引っ張りだこで、
テレビで見るたびに京さんを思い出す。



そして!!!
今年の7月は京さんのデビュー10周年!!!
親分、超激盛大にお祝いいたします!!!

今年の夏は、暑く(熱く)なりそうだゼ!!!



nice!(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0