So-net無料ブログ作成

2017-03-03

大学時代、バンドをやっておりまして。

---

といっても、2人でだけど。2人ともシンセの打ち込みで、テクノをやってた。
バンド名は『Chocolat(ショコラ)』、なかなかの中二病っぷりでしょ。

僕が留年したから、メンバーのMは先に卒業して大手ゼネコンに入ったんだけど、
あるとき電話があって「力をかしてくれないか」と。

話を聞くと、Mが監督してた工事現場で職人さんたちと飲んでた際に音楽の話になり、
1人の職人さんから「オレが書いた詞に曲をつけてくれ」とねじ込まれたらしい。

とりあえず詞を見せてもらったんだけど、タイトルは『いっぽんどっこの歌』というもので、
演歌に仕上げてほしいとのこと。

その職人さんは漁師上がりの元ヤクザだったので、漁師とヤクザの世界がごっちゃになってる。
だもんで、詞はもう、起承転結でいったら、起起結転結承転起みたいな感じ。

どうしても断れないとのことで、むりやり詞を推敲して、なんとなく演歌調の曲を作った。
KORGの01/wとAKAIのサンプラーとYAMAHAのシーケンサーで。

で、MTRで仮歌を入れてカセットテープ(懐!)を作って渡してもらったところ、
「気に入った」とのことで、おぜぜ1万円いただいた。ま、Mと山分けしたんだけど。

で、後から聞いたんだけど、その職人さんは結局、「元」の世界に戻ったらしい。
今でもどこかの組で歌われてるのかなー、いっぽんどっこの歌。



nice!(4) 
共通テーマ:blog

nice! 4