So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-03-12

今日で45歳になりました。アラフィフっていうの?

---

あまり大っぴらに言う事でもないんだけど、実は僕、双極性障害(I型)です。
いわゆる、躁うつ病ってやつ。

飲んでる薬は、リーマスとジプレキサ、あとアメル。
障害者手帳も持ってるし、障害者年金ももらってる。いわゆる、モノホンです。

医師からはっきりと診断されたのは、今から4年前。
もっとも、ちびっ子の頃からなんとなく自覚はあったのだけれど。

最初は茅場町の心療内科の病院でうつと診断されて、パキシルとサインバルタを処方された。
結果、テンションがさらにマキシマムになり色々と大変だった。

その後、練馬のマリコ先生のクリニックを訪れ、上記の診断を下された。
自分自身、今まで悩ましかったことが、ストンと腑に落ちた感じだった。

マリコ先生によると、僕の場合、うつ状態=一般の人の普通の状態とのこと。
だもんで大騒ぎが大好きで、例えるなら、常にアクセルがフルスロットルな感じ。

かと思うと、急激にガクッと落ちることもある。
いわゆる、気分の波が目まぐるしく変わる「ラピッドサイクラー(Rapid Cycler)」

実際、一昨年の6月から8月にかけて、マリコ先生の病院が休業して薬がもらえなかったので、
その間はほとんど眠れなかったし、ちょっとアレコレあった。

でも、そのときに助けてくれたのは、うぐいすビールのK子さんであり、友だちであり、家族だった。
皆さま、その節は本当にありがとうございました。

---

で、何故こんなことを話すのかというと、最近、色んな方から心の問題の相談を受けるから。
皆さま、とても辛い思いをしているとのこと。

ここも見てくれているそうなので、誕生日を機に、敢えて告白する次第。
偉そうにアドバイスしているけれども、本当は僕も同じような感じです。

幸い、僕は周りの皆さまの優しさに助けられています。
そして同じく、必ずや、たくさんの人が皆さまを助けてくれるはずです。

風邪を引いたら病院に行くし、歯が痛くなったら歯医者さんに行くことでしょう。
心の病も、それと同じです。心療内科の受診をためらう必要は全くない、心からそう思います。

---

そういえば、僕たちが大好きな太宰も、同じ病気だったらしいよー[ウィンク]ドンマイ!(笑えねー)




nice!(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0