So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-04-07

今から3年前の今日は、ちょうど入院した日。
3度目だか4度目だかの急性膵炎で。

土日に超激飲み過ぎて、例の腹痛で目覚めた月曜日の朝。
会社を早退して病院に行ったところ、即尺ならぬ即入院に。

そのときに行ったのは、通い慣れたねりそう(練馬総合病院)じゃなくて中野の病院。
すぐ前にねりそうに入院してたから、怒られそうでなんとなく気まずくて。

中野の病院は、よく言えばレトロ、悪く言えば若干ボロい。
昭和初期からある、江戸川乱歩の小説に出てきそうなイキフン。

実は、この病院にも、前年の12月に急性膵炎で入院したことがあった。
だもんで先生とも顔見知りで、入院手続きもスムーズに進められた。

で、普通は2週間くらいで放免となるんだけど、ちょうどその頃から異常な高熱が出て。
風邪でもないのに、40度位の熱が2週間くらい続いたかなー。

で、結局、1カ月半もの入院生活を送るはめになっちゃった。
で、アレコレあって会社とも気まずくなり、退職することに。

いま思うと、あれ恐らく院内感染だったんだよねー。まいにち逆血してたし。
あの時にねりそうを選んでたら、まだ東京にいられたのかもしれない。

人生、「たら・れば・かも・しか」の話は禁物だけど、この季節になるたびに思い出す。
来年の春、僕はどこで桜を見てるのかなあ。

---

ちな、噂によると、僕が入院したとき「またあの若いアル中がやって来た!」
って話題になったらしい。その病院の看護師さんたちの間で。

いつだって レディーのハートを わしづかみ。
それが、ヤマコークオリティ。



nice!(3) 

nice! 3