So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-02-17

昨日、ママから初めて聞いた話。

---

僕の祖父は地元の名家の長男だったんだけど、若いころにグレて、
いわゆる極道の世界にいたとのこと。
それで、家名を守るために、山を一つ持たされて実の母親から廃嫡されてしまった。

後に立ち直って真っ当になったんだけど、そんな矢先に母親が亡くなった。
その夜、祖父は一晩中、泣きながら母親の体を拭いていたらしい。
その殺気は、実の父親ですら近づけないほどだったとのこと。

---

僕の、ヤクザに対する寛容さの源流をみた気がした。
侠気って、やっぱり必要なものだと思う。
ま、僕はその対極にいるんだけど。

で、その祖父の血を一番受け継いでるのが、ママなんだけどね。
眼光の鋭さとか、腹の据わりっぷりとか、掛け合いの見事さとか。
東京で出会ったどのモノホンよりも怖いよ。



nice!(4) 
共通テーマ:blog

2017-02-13

疾風怒濤の大東京遠征が終わった訳ですが。

---

イベント盛りだくさんの今回、ものすご素晴らしく楽しかったー!!!
メインの親分(京はるなさん)のステージは、超超超激素晴らしかった!!!
親分、一生着いていきます!!!

で、後半戦もかっ飛ばしていったんだけど。
むしろ、かっ飛ばしすぎたんだけど。
大和チェックアウト以降、実家と連絡がとれなくなり。

心配したママが大捜査網を敷いてくれ、
警視庁・福岡県警・熊本県警を巻き込む大騒ぎに。
で、なんとか帰り着き、事なきを得た。

で、「今回ばかりは超怒られるかなー」って覚悟してたら、ママが優しく、
「もう、無事に帰ってきただけでよかった」って。
なんか、だんだん求められるハードルが低くなってきてるよね。

---

一白水星44歳、まだまだやんちゃBOYなヤマコーです。



nice!(3) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@Happy Birthday! [京はるなさん]

京はるなさん、お誕生日おめでとうございます!!![わーい(嬉しい顔)][バースデー]

---

昨日の夜、晩ご飯の後に。

ぼんやりテレビを見てたら、ふと思い出したかのように母が
「アナタ、明日から東京やんね!準備はしたと?」

いやーこれからやろうかなーって答えたところ、「今すぐせんと!」
キャリーバッグ持ってきて荷物を詰め始め、大はりきり。

ありがとうねーってお礼を言ったところ、「ストリップば観に行く息子の
荷造りばしてやるって、よか母親やろ?」とニヤニヤしながら。

お母さん、ありがとう。
惣領息子は、東京で(正確には神奈川で)超激素敵なステージを観てくるよ。

---

という訳で、Operation February Angel (「2月の天使」作戦), start!

image.jpeg




nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-02-08

次の症例を、ICD-10 に基き診断せよ。
「生まれた瞬間以降の記憶がある(お酒飲んでるとき以外)」

---

2歳の頃、世界の国旗と国名をぜんぶ覚えてた。

4歳の頃、周囲の人間関係をぜんぶ覚えてた。

8歳の頃、近隣圏内の電話帳(氏名と電話番号)をぜんぶ覚えてた。

10歳の頃、担任の先生に泣きながら人生相談をされた。

---

だから僕は、常にちびっ子には最大の敬意を払って接している。
『Les Enfants Terrible』って作品があるけど、子どもはみんな無限の可能性を持っている。



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-02-07

ちょうど去年の今ごろ、帰京する用事があったんだけど、その際に映画おデートした。

映画おデートなんて、大学2年生以来。
「明日はあれ着ていこう!」とか、前日の夜からドキがムネムネ。

でも、いろいろとあって、当日は寝坊しちゃった![げっそり]
慌てて池袋からタクシーで東中野までかっ飛ばした[あせあせ(飛び散る汗)]

ギリギリ間に合って、ポレポレに入ったときは開演直後、始まったばかり。
でも、真っ暗で座席が見えないので、仕方なく空いてる席にひとり座った[涙]

映画は、実に面白かった!
ハラハラドキドキで、とにかく主人公がカッコいい!

手に汗にぎった1時間半、客電が灯ると、視界のど真ん中におデートのお相手が!
やっと会えたー[目がハート][黒ハート]

兄弟!今度はゆっくりおデートしようね[黒ハート]

---

ちな、観た映画はヤクザと憲法ね。



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-02-06 [研修報告]

週末、久しぶりに『The Last Emperor』を見返してみた。


ラストエンペラー ディレクターズ・カット  [DVD]

ラストエンペラー ディレクターズ・カット [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: DVD


---

監督:ベルナルド・ベルトリッチ、音楽:坂本龍一(他)ということで、話題になっていた作品。
日本では1988年公開、米国アカデミー賞も取ったっけ。

折しも、僕が軍隊の教育課程で、近現代史(世界史)で清朝末期の時代を学んでいたころ。
映画のストーリーが、とても有機的かつ立体的に感じられた。

これは個人的な考えなのだけれども、日清戦争から満洲事変のころまでの日本は、
なんとなく、昭和でいうバブル経済的な感じだったのではないかと思う。

日清日露の戦勝の好景気に湧き、「大日本帝國」がイケイケだった時代。
まあ、そのしっぺ返しは、まんまと1945年にくるのだけれども。

本作は、清朝最後、かつ満洲国初代皇帝である愛新覚羅溥儀の生涯を描いたもの。
史実に照らしあわせながら観ると、実に趣き深い作品(「なんで英語?」ってのはさておき)

観終わって、ベタながら「祇園精舎の鐘の声」で始まる一連の語りを思い出した。
いわゆる、無常感。これは、アジア文化圏に共通する情感なのかもしれない。

「なんでコオロギが生きてるんだ?」「幻想的すぎる」とか色々な意見があるけれども、



改めて観るに、このラストシークエンスは、とても美しく、かつ哀しいと思う。

---

こんど僕が帰京してランドワーフ練馬中村橋を訪れたときは、こんな感じなのかなー。
「ほら、ここに、隠してたエロDVDがあるんだよ」なんつってねー(浴室の天井裏)



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-02-05

僕は、いわゆる「ハグ魔」でありまして。

飲み会の別れ際には、みんなとハグしちゃう。
老若男女を問わず。これはもう、むかしからの癖だねー。

10年くらい前、イサバルマカンの隣駅の焼肉屋さんでご飯を食べたとき。
そのお店は、とても美味しくて、でも安くて全国的にも超激有名な焼肉屋さん。

ガインガインに食べて飲んで飲んで飲んで、超はっちゃけた。超ベロベロ。
で、お会計してる友だちを外で待ってたら、なにやら見たことある男の人が視界に。

嬉しくなって「わーい!」って飛びついてハグしたら、相手も笑顔でハグしてくれた。
で、よく見たら、我が町・練馬の大スター、桜井和寿さんだった。



僕も、何度でも生まれ変わって行けるかな。



nice!(2) 
共通テーマ:blog

2017-02-04

一昨年の年末、練馬で一人で飲んだとき。

四文屋の梅割りがきいたのか、全く記憶がない。
翌日、スマホを見たらこんな写真があった。
記録を見ると、どうやらタイ立ち飲みのひょうたんに行ったらしい。

201509262016.jpg

でも、誰と握手&ハグしたんだろう。
で、スマホのメモをさかのぼると、「MCさむちゃん!」と。
調べてみたら、こちらの方だった。



そういえば、とにかく楽しかったのは覚えてる。
で、昨日になってFBにお友だち申請をいただいたので、即承認させていただいた。
新たな世界に行っちゃうのかなー、わたくし。

---

あと、なんとなく郷ひろし&友美と同じ匂いを感じる。



nice!(2) 
共通テーマ:blog

2017-02-03

今いる団体の姐さん(23歳)が藤村俊二を知らなかったので西遊記の白い馬ですよって説明したら西遊記を知らなかったので堺正章が出てたドラマですよって説明したら堺正章を知らなくて、
「そこからかよ!」って愕然としたよね

---

昨日は久しぶりに車を運転したんだけど、車庫入れのときついついカッコつけて
助手席のヘッドレストに左手を伸ばしちゃったよね
となり誰もいないのに

---

むかし、うぐいすビールのK子さんと「変読」で遊んでたら、寺田農を
「てらだだいいちじさんぎょう」って言われて、さすがだと思ったよね

---

「いやーん、◯◯くんの恵方巻、おっきいー[黒ハート]
みたいな会話が繰り広げられるんでしょラブホで、今夜は?



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-02-01

地元に一軒だけあったインド料理屋さんが、ついに閉店しちゃった。残念。

---

むかし、池袋のインド料理屋さんで。
トキワ通りにある小さなお店なんだけど、なかなか美味しくてよく通ってた。

マスターとも会話するようになったあるとき、おちゃらけて
「マスター、ほんと『インド人もびっくり!』な美味しさですよ!」

そしたらマスターが「ワタシ、ホントハ、パキスタンジンネ」って。
寂しそうな笑顔で、遠い目で。

とりあえず、山口百恵ばりに、そっとスプーンをテーブルに置いたね。
世界から、紛争がなくなりますように。



nice!(3) 
共通テーマ:blog