So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-03-31

マナブ君といえば。

---

むかし、地元にKっていう有名なヤクザがいた。マナブ君がいるM一家の総長。
とにかく無鉄砲で、すんごく荒くれ者。

夜の繁華街で鉄砲玉に拳銃を向けられて、「撃たんか、コラ!」
って両手を挙げて向かい、逆に鉄砲玉が恐怖のあまり泣いて逃げたってくらい。

Kの姐さんは、ウチのお店のお客さんだった。
ある時、姐さんに誘われて、僕の両親が家に遊びに行ったときのこと。

3人で飲んで食べて盛り上がってたら、Kがいきなり帰ってきた。
慌てて両親が「したら(それじゃ)、そろそろ・・・」

するとKが上機嫌で「帰るとか?なら、若い衆に送らせるぞ」と。
で、外に出ると、屈強な男たちがズラリと並んでたそうな。

その後、M一家は激しい抗争を経て勢力を伸ばしていったんだけど、
90年代半ば、Kは内部抗争により自宅で銃撃されて絶命した。

いやー、最期まで昭和のヤクザらしかったなー。
ちな、そのKの息子が、今の相武紗季の旦那さんっていうね。

---

「マナブ君のツテで、僕も芸能界の美人さんたちと飲めないかなー」って、
割と真剣に思ってる。



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-03-30

先日、友だちから、幼なじみのマナブ君の動向を聞いた。

---

マナブ君とは、保育園からの友だち。
卒園してからは、あんまり交流なかったんだけど。

その後、マナブ君は順調に荒れて、立派なヤンキーになったとのこと。
中1で、中3のワルたちを全員ボコボコにシメちゃったとのこと。

その後、さらに順調に荒れて、地元のヤクザ(M一家)に入って、今では全国を飛び回ってる。
まあ、出世っちゃあ、出世なんだろうね。

で、僕が地元にいることを知って、友だちに「こーちゃんに会いたかな」って言ってるんだって。
どっかで聞いたような状況だなーって考えてたら、『キッズ・リターン』だった。



にしても、なんで会いたがってるのかが不気味だよ。




nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-03-29

昨日は、地元の佐野屋というお店に行ってきた。

---

ウチのお店の人の真向かいの定食屋さん。
前から「あそこは美味しかよー」って、母から勧められてたので。

1100開店とのことで1050頃に行ってみたら、既に暖簾がかかってオープンしてた。
これは期待できるね。

「どうぞー!」との笑顔の女将さんの言葉で店内に。
カウンター8席、4人がけテーブル2席と、意外と中は広い。そして清潔。

オススメはちゃんぽんとのことなので、迷わずちゃんぽんを注文した。
で、そこからの動きが素敵だった。

お店は大将と女将さんの二人で営業してるんだけど、二人の阿吽の呼吸たるや。
注文を受けてから、実に滑らかに調理をすすめる。

あれーこの感じどこかで見たことあるなーって記憶をたどってたら、
東小金井の宝華だった(超激名店)

ガッコガッコとリズミカルに鍋を振る大将。サポートにまわる女将さん。
実に手際よく、注文して5分ほどで「お待ちどうさまー」とちゃんぽんが。

image.jpeg

びっくり!九州なのに、豚骨じゃなくて和風のスープなんだー!
スープをいただくと、昆布だしの深い味わい。

どちらかというと、タンメン的な感じかしら。
野菜は炒めたてでシャキシャキ感がすごい。

美味しい、ほんと美味しい!これで590円とな!
お腹が空いてたこともあり、あっと言う間に食べちゃった(汁完)

最近、ブログやTwitterで東京の友だちの街中華巡りを超羨ましく見てる。
僕の地元には、悲しいかな、飲める街中華はないんだよねー。

でも、佐野屋はすごく期待できるお店だと分かった。
今度は、「本丸」のラーメンをいただいてみようかな!

---

食べた後、ウチのお店に寄って母に「美味しかったよー」と報告した。
すると、「あ、そうね?行っとらんけん知らんばってん」

行ったことなかったのかよ!(三村)



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-03-28

軍隊時代、後輩に熊本藩主の細川家の嫡流がいた。

あるとき、寮のお昼ご飯でカレーライスが出たんだけど、
彼がやおら醤油を取ってカレーに回しがけした。

「おい、何しよるとや!?」ってみんな騒然となったんだけど、
彼は涼しい顔で「これが、細川家初代からの作法です」

鎌倉時代から江戸時代にかけて、生き馬の目を抜く中を続いた名家。
なるほど、そんなもんかとみんな納得した。

---

って、よく考えたら、カレーが日本に入ってきたのって明治以降だろうよ!



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-03-27

昨日は休日出勤で、今いる団体の義理事に出席。
で、余興で、姐さん(23歳)と二人で「恋ダンス」を踊ってきた。

完璧でキレっキレの姐さんに比べて、グダグダの僕。
いやー、あれって難しいねー。

金髪のヅラ&ラメのドレスで踊ったんだけど、終わった後、
司会のエラい人が「で、あーたは誰な?」と無茶振りを。

とっさに「あ、マリリン・モンローです」って答えたら、超受けた。
おじいちゃんおばあちゃんのギャグセンスって、難しいんだか単純なんだか。

地方の営業のテツandトモの気持ちが分かるような気がした。



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-03-25 [画像的日誌]

先週末は、福岡市内までお泊りで遊びに行ってきた。

---

家から電車で1時間、乗り換えなしの一本で天神へ。

ホテルは親不孝通りのすぐ近く。

image.jpeg

天神から歩いて7~8分の便利な立地。

image.jpeg

若干ウソくさい花輪を眺めつつ、向かったのは、

image.jpeg

image.jpeg

大名にある稚加榮です。
昔から、福岡に来るたびに立ち寄ってるナイスなお店。


image.jpeg

店内には大きないけすがあって、それを囲むようにカウンターが配置されている。

image.jpeg

今日も、なかなかよさげなラインナップ。


とりあえず、

image.jpeg

福岡の夜にかんぱーい!

でもって、

image.jpeg

ごまさばに、

image.jpeg

活きイカ。

ビール飲んでる場合じゃないよねー(うそ。4~5杯飲んだ)とか言いつつ、

image.jpeg

冷酒にチェンジ。


でもって、次に登場したのが、

image.jpeg

関あじとあわびの活きづくり!

いやー、美味しかったー!
よく、「魚は、しめてから数時間経ったほうが美味しい」っていうけど、
関あじに関しては、しめたてのほうが歯ごたえと甘みが味わえると思う。

お刺身だけじゃアレなので、

image.jpeg

揚げ物。

image.jpeg

煮物。

稚加榮のすごいのは、どの料理を食べても超激美味しいところ。
しかも、わりかしお手ごろなお値段で。
東京で同じクラスの料亭に行ったら、たぶん倍くらい取られると思う。


この辺りでお酒をチェンジ。

image.jpeg

お酒はぬるめの燗とくれば、

image.jpeg

肴はあぶったイカでいいよねー。
しみじみ飲みながら、「やっぱ、九州もいいもんだなあ」とひとりごちてみたりして。
あっという間の2時間ちょっと。

image.jpeg

店内も、いつの間にか満席に。


とりあえず、ごちそうさまー。

image.jpeg

女将さんに見送られつつ、タクシーで向かったのは、

image.jpeg

中洲の屋台!

image.jpeg

image.jpeg

最近、アレコレと話題になってる場所だけど、ここで飲むのは初めて。
三連休の中日ということもあり、ものすごい混雑だった。
でも、なんとか一軒のお店にすべり込むことができてラッキー。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

正直な感想を言うと、ちょっとせわしない感じだったかなー。
「追加注文は受け付けません」とか「食事のペース、上げてください」とか言われちゃって。
なんというか、もっと「色んな人々とふれ合える」的な場所を想像してたもんで、ちょっと意外。

ま、夜の川べりで飲むっていうイキフンはよかったので、よしとしよう。
桜の季節とか、とてもよさげだね。
というわけで、日本酒三合ほど飲んでお店を後に(←結構飲んでる)

image.jpeg

image.jpeg

そろそろしめるかな。
帰り道、タクシーの運転手さんにオススメのラーメン屋さんを尋ねたら、
「有名なお店がありますよ」とのこと。しかも、泊まるホテルのすぐ近く。

それが、こちらのお店。

image.jpeg

深夜0時過ぎにもかかわらず、結構な行列ができてた。
30分ほど待って店内へ。
注文したのは、煮玉子入りらーめん(バリカタ)

image.jpeg

スープをひと口すする。「わー、あっさりしてるー!」
いつも地元で玉名ラーメンや大牟田ラーメンを食べ慣れてるせいか、
上品でまろやかな味わいが際立って感じられる。美味しかった!


さて、夜も更けてきたので、このへんで・・・

image.jpeg

部屋飲みパーティーしちゃう?
ってな訳で、東京のソラカラちゃんと、上野に乗ってる親分(京さん)に、

image.jpeg

かんぱーい!
この後、気絶するまで飲んじゃった。


翌朝。
すっきりと目がさめた。
結構飲んだ気がするけど、まあ、適量だったんだろうね。


で、帰りはお約束の、

image.jpeg

ソラリアのピエトロでパスタ。
やっぱ、福岡に来たらピエトロ行っとかんとねー。


で、再び西鉄電車に揺られて1時間、家に着いたらシャワーを浴びて、

image.jpeg

家飲みパーティーしちゃう?っていうね。

---

いやー、あっという間の2日間だった。
でも、やっぱ福岡は都会だねー。ほんと、東京と変わらない。
あと、ほんときれいな女の人がたくさんいた。いい街だー。


今度は、博多美人と屋台巡りしたいなー。

image.jpeg

でもって、こんなとこ泊まっちゃったりして♪(屋上からレーザービームが出てるラブホ)



nice!(1) 
共通テーマ:blog

2017-03-24

明日の土曜日は、今いる団体の姐さん(23歳)の送別会がある。

9カ月にわたり「先輩」として大変お世話になってきた。
ここはひとつ、盛大にお送りしたい。

しかし、諸般の事情により、僕が飲めるのはビールのジョッキ3杯のみ。
これだけの戦力で勝負に挑まなくてはならない。慎重な作戦が必要だ。

まず、空腹であること。空きっ腹は酔いやすい。
だもんで、今夜から明日の夜まで絶食しよう。

次に、睡眠。寝不足だと、お酒の回りも早い。
だもんで、今夜は徹夜で臨みたい。

そして、勢い。一気に飲めばすぐに酔う。
だもんで、宴が始まるやいなや3杯飲んじゃおう。

ってあれこれ考えてるうちに、送別会の本質を見失って、「自分がいかに酔うか」
に目的が飛んじゃってるのに気付いた。

大東亜戦争のときの日本軍と同じだね。
個々の戦闘に勝って、本質の戦略で負けるっていう。

---

ま、酔いつぶれたら酔いつぶれたとき、玉砕して野宿すればいいかー(←ココも同じ)



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-03-23

どんな美人でもデート中にスマホに向かって「OK Google!」とか言いはじめたら幻滅するよねー、って言おうとしたんだけど想像してみたら石原さとみや京さんだったら全然アリというかむしろ超可愛いので、
この話はナシ

---

この間は「飲み会で人の悪口ばっか言う人ってうんざりだよねー」って悪口で盛り上がりました、
飲み会で

---

「花粉症?そんなの気持ちがぶったるんでるからなるんだよ」と言ってた手前、
いま止まらないくしゃみと目のかゆみに直面して恐怖に震えてます

---

誰に言っても分かってもらえないんだけど、このCMってエロいよね



なんだろう、にじみ出るセクサロイド感?



nice!(0) 
共通テーマ:blog

2017-03-22

広島第一劇場の営業が再開されるとのことで、嬉しい限り。

---

以前、東京のリサーチ会社にいたころは、年に2回、広島に出張してた。
出張といっても、30分ほど世間話をするだけの、いわゆる「顔つなぎ」的なもの。

ある広島出張のとき。
その日は金曜日だったので、泊まりにして広島の夜を楽しもうと試みた。

で、試みたはいいが、ガインガインに飲んで3軒目くらいからまったく記憶がなく、
気付いたら明け方、流川の路上に転がってた。

参ったなーでもめんどくさいからしばらく寝てようかなーとか考えてたら、
通りがかりのおじさんが「お兄さん、どうしたん?」

いやー酔っぱらっちゃいましてーと答えたら、
「ここで寝てたら危ないけえ、わしの事務所に来んさい」

で、結局、そのおじさんに着いて行って、近くの雑居ビルの事務所へ。
で、酔いがさめるまでソファーで4〜5時間寝せてもらった。

で、目がさめたら、「心配じゃけえ、わしが駅まで送ってやる」
で、おじさんの車で広島駅へ。

で、「東京から来たんじゃったら、土産もいるじゃろ?」
で、牡蠣の燻製を買ってもらった。

なんというか、広島の人って超激優しいのね。
こんなに温かな人情にふれたのは初めてだったので、感激して泣きそうになった。

いつぞやのおじさん、その節は本当にありがとうございました。
今度広島に行ったら、僕がみなさんに恩返しをさせていただきたく思います。

---

ちな、帰りののぞみでは、いただいたお土産をおつまみにまた飲んだ。
車内販売のお酒が全部なくなるまで。

我ながら、こんなクルクルパー見たことないよ。




nice!(4) 
共通テーマ:blog

2017-03-21

こう見えて、若干セクハラが大好きなんですけどー。

---

若い女の子には、ついついエロい話を振っちゃう。
ま、白髪のおじさんだからねー。

そんな中、先日、仕事場の姐さん(12歳上)からドえらい下ネタを振られた。
この僕が返しに困るくらい。ドキドキしちゃった。

あー、今までの女の子はこんな感じだったんだろうなーって、しみじみ思った。
皆さま、本当にごめんちゃいです。

でも、それもまた嬉しくてドキドキだった。
基本的に、ドMでアホなんだろうねー、僕。



nice!(4) 
共通テーマ:blog