So-net無料ブログ作成

2017-04-14

書店に勤めてたころ、この桜の時期は一年で一番忙しかった。
大学新入生向けのテキスト販売で。

僕がいた会社では、エリアごとに各員が数校の担当を持ってた。
で、販売期には、他部署からの応援部隊を指揮してた。

僕の2コ下にM君という若手の方がいた。温和で素直で、とてもいい人。
文学とか哲学の話が好きだったかなー。

M君は、都内屈指のマンモス校を担当してた。
順調にテキストの発注・搬入が済み、販売が始まったんだけど。

初日から、ものすごい学生の行列。
朝から夕方までお昼ご飯はもちろん、トイレにも行けない混雑。

そんなある日の午後、殺到する学生をさばいてたら、M君がふらふらとレジを離脱した。
で、そのまま夕方まで帰って来なかった。

後から聞いたら、あまりの忙しさにパニック状態となり、トイレにこもってたとのこと。
ま、そりゃそうだろう。とにかく忙し過ぎたんだもの。

で、中堅の先輩たちは「敵前逃亡は、軍法会議ものだ!」ってことになったんだけど、
当時の、懐が深い上司の助けで不問に付された。

いろんな意味で、大日本帝國陸軍を思い出したエピソード。
労務管理が問題となってる昨今。無理だと思ったら、躊躇せず離脱すべきだと心から思う。

---

で、いま僕、とんでもなく難しい案件を任されてるんだよなー。
もう、飛んじゃおうかしら。



nice!(0) 
共通テーマ:blog