So-net無料ブログ作成
研修報告 ブログトップ
前の10件 | -

2017-03-09 [研修報告]

一昨年の今ごろ、『聖者たちの食卓』という映画を観た。

インドにあるシク教の総本山であるハリマンディル・サーヒブ(黄金寺院)では、
毎日10万食が巡礼者や旅行者のために無料で提供されている。
本作は、そこで送られる日々を描いたドキュメンタリー。

先に観たうぐいすビールのK子さんから勧められて、キネカ大森に足を運んだ。
上映時間は65分と、一般的な映画に比べると短いのだけれども、
その内容は実に密度の高いものだった。

食器を洗う人々、食材を調理する人々、そして食事をする圧倒的な数の人々。
それらの一連の光景が、特別な演出を加えられることなく、淡々と描かれている。
絢爛たる寺院の様相との対比が、「静かなる喧噪」を際立たせている。

インドといえば、今なおカーストによって厳格な身分制度が敷かれている国である。
しかし、この寺院では、人々は身分に関係なく、誰もが等しく食事をする。
老若男女、人種、宗教を超越した世界。もの食う人々の間に、一切の隔たりはない。

「食」は、人間が行い得る中で最も重要な行為である。
いささか牽強付会にすぎるかもしれないが、パリの三ツ星レストランのフレンチも、
この寺院の素朴な豆カレーも、本質的には等価であると僕は思う。

当時、僕は9年間勤めていた会社を短絡的に辞め、1年近くぷらぷらとしていた。
ともすると、日が高いうちから飲んだくれて、ろくな食事をしていなかった。
そのような生活を送っていた中で観た本作に、少なからず衝撃を受けた。

食べることは生きることであり、 生きることは食べることである。
かつて、ある食品会社のCMに「あなたは、あなたが食べたもので、できている。」
というフレーズがあった。けだし名言であろう。

---

ちな、僕が一番好きな食べ物は、冷酒と塩むすび。
どこかのお寺さんで、無料で提供してくれないかなー。



nice!(4) 
共通テーマ:blog

2017-03-06 [研修報告]

おせっせといえば。

僕がDTを喪失したのは、18歳のとき(誰得情報)
お相手はイスパの同級生の、麻生祐未似の美人さんだったなー。

四ツ谷→赤坂→代々木→渋谷と流れて、飲んで飲んで飲まれて飲んで。
で、彼女の家で飲みなおしてて、なんとなくそんなイキフンになって。

で、「あ、『アレ』買ってこなくちゃ」ってコンビニに走って帰って来てはみたものの、
さて、これからどうしたらいいんだっけ?となり。

とりあえず思い浮かべたのが、北方謙三の『試みの地平線』だった。
軍隊時代からホットドッグ・プレスに連載されてた、僕の心のバイブル。

で、それを思い出しながら色々といたした。
で、それを思い出しながら色々と果てた。

ぶっちゃけ、僕の初体験のお相手は、北方謙三だったんじゃないか?っていう衝撃の事実。


試みの地平線 伝説復活編 (講談社文庫)

試みの地平線 伝説復活編 (講談社文庫)

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/01/13
  • メディア: 文庫





nice!(4) 
共通テーマ:blog

2017-02-06 [研修報告]

週末、久しぶりに『The Last Emperor』を見返してみた。


ラストエンペラー ディレクターズ・カット  [DVD]

ラストエンペラー ディレクターズ・カット [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: DVD


---

監督:ベルナルド・ベルトリッチ、音楽:坂本龍一(他)ということで、話題になっていた作品。
日本では1988年公開、米国アカデミー賞も取ったっけ。

折しも、僕が軍隊の教育課程で、近現代史(世界史)で清朝末期の時代を学んでいたころ。
映画のストーリーが、とても有機的かつ立体的に感じられた。

これは個人的な考えなのだけれども、日清戦争から満洲事変のころまでの日本は、
なんとなく、昭和でいうバブル経済的な感じだったのではないかと思う。

日清日露の戦勝の好景気に湧き、「大日本帝國」がイケイケだった時代。
まあ、そのしっぺ返しは、まんまと1945年にくるのだけれども。

本作は、清朝最後、かつ満洲国初代皇帝である愛新覚羅溥儀の生涯を描いたもの。
史実に照らしあわせながら観ると、実に趣き深い作品(「なんで英語?」ってのはさておき)

観終わって、ベタながら「祇園精舎の鐘の声」で始まる一連の語りを思い出した。
いわゆる、無常感。これは、アジア文化圏に共通する情感なのかもしれない。

「なんでコオロギが生きてるんだ?」「幻想的すぎる」とか色々な意見があるけれども、



改めて観るに、このラストシークエンスは、とても美しく、かつ哀しいと思う。

---

こんど僕が帰京してランドワーフ練馬中村橋を訪れたときは、こんな感じなのかなー。
「ほら、ここに、隠してたエロDVDがあるんだよ」なんつってねー(浴室の天井裏)



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2016-10-13 [研修報告]

最近、司馬遼太郎の「最後の将軍」を読み返している。


最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)

最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1997/07/10
  • メディア: 文庫



江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜の生涯を描いた作品。もう20回以上は読んだかな。

印象的なのは、攘夷をめぐってあれこれ難癖をつけてくる朝廷、というか志士たちに、
慶喜が政権を投げ出す場面(大政奉還)。やれるものならやってみろ、と。

260年ものあいだ京都に押し込められていた朝廷には、もちろんそんな力はない。
倒幕の名目を失った朝廷が動揺する様を冷ややかに眺める慶喜が、なんとも趣深い。

数年前、某政党が政権をとったとき、その場面を思い浮かべた。
国家運営の戦略も能力もないのに、ほんとにできんの?っていうしらけた感じ。

案の定、やることなすこと全てグダグダで、あの連中は害悪のみを残して去っていった。
そろそろ日本人は、政治の現実性と妥当性に気付くべきだと思う。

---

って、僕いままで一回しか選挙行ったことないんだよね(しかもドクター中松に投票)
まさにブーメラン、「オマエが言うな」って話だけど。



nice!(1) 
共通テーマ:blog

2016-08-26 [研修報告]

いま、この本を読んでる。


しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)

  • 作者: 清武 英利
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: 文庫



総会屋への利益供与や巨額の簿外債務が明らかになったことにより、
1997年に自主廃業をやむなくされた山一證券の「あとしまつ」をすることになった
社員たちを描いたもの。

僕も一時期、金融業界に近い業界で働いていたことがあるので、
巨大証券会社が崩れゆくさまには、とてもリアリティーを感じた。
中でも、違法と知りながら、会社のために、反社の一部顧客への利益供与や粉飾決算に
手を染めた社員の葛藤には、色々と考えさせられることがあった。

もう時効だからいうけど、僕もかつていた会社で「談合」を行っていた。
公共機関の入札において、事前に他社と話し合って価格や受注を決めるもの。
もちろん、公取委的にはアウトなんだけど、僕が担当する前からずっと行われてたし、
何より、当の公共機関自体も談合の存在を容認していたので、罪の意識はなかった。

あるとき。
後輩のF君が担当していた得意先で談合の方向で話が進んでたんだけど、
F君は他社を下回る見積りを提出して、他社を出し抜いてしまった。
当然、入札が決まってたK社の支店長は激怒して電話をかけてきた。

「今回はウチが取るって話だったろ!」
「あー、そうだったっすねー」
「オタクとしては、どう責任をとってくれるの!」
「ごめんなさいねー」

バイトのユミちゃんとふざけながら、のらりくらりと対応してる。
なんなら、鼻もほじりながらだったかもしれない。
結局、K社が折れるかたちで幕引きに。
以来、談合はなくなり、ガチ入札になった。

で、なんで入札をとりにいったのかF君に聞いたところ、
「あのオヤジたち(他社の偉い人たち)、ムカつくんすよ。
そもそも、談合って、やっちゃいけないことっすよね?」
ぐうの音もでない正論が返ってきた。

生きていく上で、もちろん仕事は、そして会社は大事。
しかし、それらにとらわれすぎてしまうと、もっと大事なことが見えなくなる。
まさに、本末転倒だ。
普段はちゃらんぽらんなF君だけど、筋は通ってるんだなあ、と見直した。

---

会社を辞めて数年後、久しぶりにF君と飲んだときに、その話をした。
すると、「あれ、ほんとは間違えて金額安く(見積りを)出しちゃったんすよねー」
普段はちゃらんぽらんなF君だけど、やっぱりちゃらんぽらんだった。
「てへ♡」じゃねーよ!



nice!(5) 
共通テーマ:blog

2016-02-07 [研修報告]

「それやるのがヤクザだろうがよ」

---


アウトレイジ [DVD]

アウトレイジ [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



今さらながらアウトレイジについて。
「北野武による、ドライなヤクザ世界を描いた~」というレビューをよく目にする。
確かに、北野監督の作品には、いわゆる「ヤクザ」が数多く登場する。
「ソナチネ」「BROTHER」「キッズ・リターン」など。
そして、そのいずれもが乾いた暴力をもって描かれている。

そこで「アウトレイジ」である。
冒頭の言葉は、大友(北野武)組のシマ(厳密にいうとちょっと異なるが「縄張り」ともいう)
のカジノに立ち寄って金員をせびる親分である池元組組長(國村隼)が、子分である大友に
そのことをやんわりと諫言された際に発したもの。「ヤクザが入り浸っては、他の客が
怖がって寄り付かない」という大友の苦言に対しての、池元の言葉。
この言葉にこそ、現在のヤクザのあり方が集約されていると思う。
すなわち、「どんな事をしてもかまわないから、とにかく金を稼げ」と。

日本のヤクザは、海外でも「YAKUZA」として知られている。
その一方で、日本国内の報道ではヤクザという言葉を耳にすることはない。
代わりに用いられるのは「暴力団」である。
暴力団とは、(直接的・間接的な)暴力によって自己の利益を確保する集団をいう。
戦後、警察やマスコミによって作られた言葉だが、その名は既に定着している。
ヤクザという言葉には、かつての「義理と人情を重んじる」といったイメージがあり、
その存在を美化することにつながりかねないからである。

アウトレイジに登場するのは、徹頭徹尾「暴力団」だ。
薬物売買によって利益を得る村瀬組組長(石橋蓮司)、それに共存する池元、
それらの利権を取り込もうとする山王会関内会長(北村総一朗)。
いずれもがマキャヴェリズムによって、自己の利益のみを追求している。

そしてまた、本作は、悲劇的な喜劇でもある。
末端組織に属する大友は、上のいうがままに動き、にもかかわらず破滅への道をたどらされる。
その帰趨は、世界的な大企業の孫請会社の姿にもオーバーラップする。
本作は過激な暴力シーンでも有名だが、それもまた喜劇的だ。カッターナイフのシークエンス、
歯科医院でのシークエンス、そして大友組若頭の水野(椎名桔平)の最期のシークエンス。
いずれも痛々しいが、同時に、相当にブラックではあるものの、多分にコメディー的だ。
中華料理店でのシークエンスなど、まさにビートたけしのコントそのままだ。
戸川純的にいえば、「潜在的幼児性暴力癖」によるもの、といった感じだろうか。

話は冒頭に戻る。
現在社会には、高倉健映画に代表されるような「ヤクザ」は数少なく、そのほとんどは
暴力団なのではないか。利益を追求する組織という点においては、一般企業と変わらない。
ただ、暴力装置を持っているかいないかの違いしかない。
かつて中小企業に勤めていた僕は、大友に、中小企業の経営者のペーソスを感じた。
中小企業が生き残るのって、ほんと大変なんだから。
アウトレイジは、単なるヤクザ映画ではなく、「阿修羅のごとく」「渡る世間は鬼ばかり」
などと同様、人間が織り成す人生模様を描いた作品でもあると思う。

---

あと、その筋の人たちと一緒に飲みに行くとライオンズマンション歌舞伎町の裏のスナックで
チンピラ同士が殴り合いになってそれを仲裁して殴られて救急車で戸山の国立国際医療研究
センターに搬送されたりするから要注意ですよ、コノヤロー!

灯台長「おい、針と糸、持ってこい」
水野「い、いやぁ・・・」
灯台長「縫合くらいしなきゃしょうがねぇだろ。左眼瞼上部裂傷だってよ(4針)」


---

あゆりさま、書いたよー(笑)




nice!(2) 
共通テーマ:blog

2014-09-07 [研修報告]

人生は物語の宝庫である。
その宝箱を作家に覗かせるのではなく、自らを客観視しながら自分で覗いてみるのも、
人生というものをさらに豊かにする一つの方法なのかも知れない(あとがきより)。

---


コスモスの影にはいつも誰かが隠れている (河出文庫)

コスモスの影にはいつも誰かが隠れている (河出文庫)

  • 作者: 藤原 新也
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/06/05
  • メディア: 文庫



この作品は、とある人々の生活に起こった事象を紡いだ14編の小説からなる。
小説というより、作者によって幾ばくかの彩りを添えられたノンフィクションというべきか。
しかし、その点を詮索することには、あまり重要な意味はないように思われる。

登場するのは、特別な存在ではなく、ごく一般の、市井の人々である。
その人々が直面する、出会い、そして別れが淡々と描かれている。
いや、むしろ僕自身の感覚では、「別れ」に重きがおかれているような気がする。

---

かつて、井上靖の作品で次のような短編を読んだことがある。
幼い主人公が川で手を洗っていた際、ふとした拍子に石けんを川に流してしまう。
作者は、そのときの感情を「完全に物を喪った『喪失感』」と表している。

---

それまで、藤原新也の作品を数々読んできたが(東京漂流など)、この作品を読了して
喪失感という言葉が真っ先に浮かんだ。
今まで、当然のように存在していたものを失ったときの、空虚なあの気持ち。

しかし、同時に、現在の自分自身を見つめ直すことの大切さにも、改めて気付かされた。
当たり前のように存在しているものは、実は奇跡の連続の結果なのだと。
そうしたものの意義を再確認することこそ、自らの人生の宝箱を覗くことにほかならないと思う。



nice!(1) 
共通テーマ:blog

2014-05-20 [研修報告]

If I can change and you can change,everybody can change!!

---

久しぶりにロッキー4を見た。

rockey4.jpg

初めてこの作品を見たのは中学2年生のころだったか。
当時は米ソ対立の真っ只中。そんな折に、あのロッキーシリーズが冷戦をテーマに
取り上げるということで大きな話題になった。

で、友だち数人と下通の映画館で見て来たのだけれど、最初から最後まであっという間だった。
この作品に関しては、「物語性が薄い」「音楽を盛り込みすぎてMTVみたいだ」といった批判も
ある。しかし、僕は今までのロッキーシリーズと同様に、いやむしろ一番感動したかもしれない。

あらすじは、旧ソ連のボクサー、イワン・ドラゴに親友アポロ・クリードを倒された
ロッキーが、弔いを果たすべく単身ロシアに乗り込み、ドラゴと戦うというもの。
第一作から出演していたアポロが、あんなかたちで亡くなるというのは実に衝撃だった。

大勢のスタッフを擁し、最新のスポーツ科学技術を駆使したトレーニングを行うドラゴ。
対して、一人雪山で原始的なトレーニングを行うロッキー。
演出としてはあまりにもあからさまな対比だけど、それが実に印象的だ。

そして迎えたモスクワでの試合。
完全なるアウェーの中で戦うロッキー。
圧倒的な力のドラゴに苦戦するも、次第に状況は変化していき……。

作品を見終わったとき、とても興奮したことを思い出す。
以来、旧ソ連に関心を持つようになり、結果、大学ではロシア語学科に進むことになった。
いわば、僕の人生を変えた映画だ。

冒頭の言葉は、試合後にロッキーが語ったもの。
自分自身が変われば相手も変わり、そしてみんなが変わることができる。
もしかしたら、ごく当たり前のことかも知れないけれど、意外と難しいことかもしれない。

変化する摩擦を恐れてはいけない、ということを、遅ればせながらこの作品から学んだ。

---

ちなみに、中学高校の体育の授業では、「CCCP(Союз Советских Социалистических
Республик:ソビエト社会主義共和国連邦)って胸に刺繍した特注の赤い体操着を着ていた。
気絶しそうな黒歴史だけど、中2病真っ只中だからしょうがないよね。

---

なお、ダイジェスト版はこちら。これで、この映画のすべてが分かるかもー(笑)




nice!(2) 
共通テーマ:blog

2011-11-10 [研修報告]

「どこを好きになったって?」
「もちろん、あんたのセコさよ!」

---

先日、久しぶりに蒲田行進曲を見た。

蒲田行進曲 [DVD]

蒲田行進曲 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD

スターと大部屋俳優、そして旬を過ぎた女優という奇妙な三角関係。
そして、その三人を中心に、活気あふれる昭和の映画界が描かれている。
スター同士の見栄の張り合いや大部屋俳優たちのたくましいやり取りなど、
いかにも「カツドウヤ」的な世界が繰り広げられる。あと、松坂慶子が超きれい。

小学5年生の秋、友達と隣町の映画館に見に行ったのを覚えている。
笑って泣いてぬれ場でモジモジして、とにかく見終わって爽快だった。
「ニュー・シネマ パラダイス」が観客側からの映画に対するオマージュならば、
この映画は作り手からのそれだといえるかもしれない。今でも大好きな作品だ。

で、今回見終わってふと思ったんだけど、これって実は「太秦行進曲」では……?



nice!(0) 
共通テーマ:blog

2011-10-25 [研修報告]

決して罪なき者の血は流すな
だが悪を行う者の血は川のごとく流せ
黒い翼を広げた男たちが
神の裁きを下すであろう

---

久しぶりに処刑人を見た。

処刑人 [DVD]

処刑人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD

敬虔なクリスチャンであるマクマナス兄弟(2人ともイケメン)は、ある事件に
巻き込まれて神の啓示を受け、悪人たちに次々と「正義の裁き」を下していく。
少しグロなシーンもあるけれど、スタイリッシュで、背徳的なカタルシスを感じる作品。

興味深いのが、「宗教的倫理と『処刑』が、自己の中で矛盾していない」という点。
二人は、自らの正義を貫くために、悪人たちを撃って撃って撃ちまくる。
明示はされていないものの、何となく現在の米国のカリカチュア的な構図を感じた。

というわけで、この作品を端的に説明するとすれば、
ウィレム・デフォーの、ウィレム・デフォーによる、ウィレム・デフォーのための映画。
ぶっ飛んだ悪ノリっぷりが素晴らしい。



nice!(1) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 研修報告 ブログトップ