So-net無料ブログ作成
京はるなさん ブログトップ
前の10件 | -

京はるなさん@うさぎととら [京はるなさん]

Operation February Angel (「2月の天使」作戦)の総括。

---

久しぶりに親分、京はるなさんのステージが観られたー!
前に観たのは去年の7頭ミカドだったから、半年以上ぶり。

前評判を聞いていたのだけれど、今回の作品は、想像以上に超激深いテーマだった。
人間の、いや生きとし生けるもの全てに通じるテーマ。

僕が小さいころ、『野生の王国』というドキュメンタリーがあったのだけど、
その中の衝撃的なワンシーンを思い出した。

そして、「愛する」という人格の存在を許された人間のみが持つ、狂気にも似た、
しかし気高い愛の一つの昇華をみた。

『原罪』というものは、人間だけではなく、生命全体に適応される。
そのことを目の当たりにして、目から鱗が落ちる思いだった。

京さんのステージには、いつもハッとさせられる。
可愛らしくて華やかで、でもちょっと切なくて。

毎回、京さんのステージを観ていて、ある種の通奏低音的なものがあるように感じられた。
それは、やはり「愛」であるかのように思われる。

表現に対する、ストリップに対する、観客の皆さんに対する、そして様々なことに対する愛。
まさに、数年前に観た作品「アガペー」に通じるような、愛。

それは、きっと京さんが、本当に心根が優しいから。
全てを受け入れてくれる無窮の慈愛が、京さんのステージにはある。

ストリップという文化には、色々な受け止め方がある。
純粋なエロスとして、ダンスの場として、そして踊り子さんのファンとして。

そして、どれもみな正しい。
その許容性の深さも、またストリップの魅力なのだから。

---

なんて難しいことを書いてはいるけれども、ステージはとにかく超激楽しかった。
もう、観ているだけで、バイタルがガインガインに上がっていくくらい。

京さんは、天性の踊り子さんだと思う。
天宇受賣命の系を引く、まさに天賦の才を持った踊り子さん。

観ているだけで、声をきいているだけで、心から幸せになれる。
笑顔、美貌、ダンス、エロスの全てを兼ね備えている、天才的な踊り子さん。

今回のステージを観て、京さんのファンでいられることを、改めて心から嬉しく思った。
京さん、ありがとう、ありがとう!これからも素敵なステージを楽しみにしてるね!

image.jpeg

劇場には、階段の下から上までたくさんのお花がずらりと!すごいー!
京さんもまた、たくさんの方々に愛されてるんだなあ[黒ハート]

---

あと、これはいつものことなんだけど、とにかく飲みすぎないようにします!(てへぺろ)



nice!(4) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@Happy Birthday! [京はるなさん]

京はるなさん、お誕生日おめでとうございます!!![わーい(嬉しい顔)][バースデー]

---

昨日の夜、晩ご飯の後に。

ぼんやりテレビを見てたら、ふと思い出したかのように母が
「アナタ、明日から東京やんね!準備はしたと?」

いやーこれからやろうかなーって答えたところ、「今すぐせんと!」
キャリーバッグ持ってきて荷物を詰め始め、大はりきり。

ありがとうねーってお礼を言ったところ、「ストリップば観に行く息子の
荷造りばしてやるって、よか母親やろ?」とニヤニヤしながら。

お母さん、ありがとう。
惣領息子は、東京で(正確には神奈川で)超激素敵なステージを観てくるよ。

---

という訳で、Operation February Angel (「2月の天使」作戦), start!

image.jpeg




nice!(3) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@ROBOT(デビュー10周年作) [京はるなさん]

7頭(7月1日~10日)、池袋ミカド劇場にて。

---

待ちに待った京はるなさんデビュー10周年記念ステージを観に行ってきた!
きゃっほう!!!
九州の片田舎から、ジェットで羽田へGO!

当日はドピーカン。
劇場の外には、たくさんのお祝いの花輪が並ぶ。
「京はるなさんを応援しにきました!」と元気よく答えて夢の世界へ!

劇場内では、ちょうど京さんのステージが始まったところだった。
今回の演目のテーマは「スチームパンク」
サイバーな衣装の京さんが、華麗にステージを舞う。

ピコピコ系と京さんって、とっても合うねー!
ときに無機質に、ときに表情豊かに踊る京さんを、ただただ観ていた。
圧巻、とはこのこと!超激素晴らしいステージ!!!

京さんのステージは、華やかで楽しくてエロエロだけど、かすかに切なさを感じることがある。
それは、決してマイナスのものではなく、郷愁に近い、温かななにか。
それが、心の深いところをじんわりと衝き動かす。

ポラのとき作品のモチーフを聞き、その思いはより強くなった。
新作「ROBOT」は、とても深遠かつ繊細な、緻密なテーマの演目だった。
やっぱり、天才的な踊り子さんだなあ。

デビューしたのが7月、僕が初めてステージを観たのが8月のせいか、
京さんには向日葵のような強烈に明るい笑顔のイメージがある。
しかし、同時に、月見草のような穏やかでたおやかな一面もある。

京さん、デビュー10周年おめでとうございます!!!
京さんのファンでいられることを、心から嬉しく、誇りに思います。
これからも、20周年、30周年とお祝いいたします!!!



nice!(6) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@初めての出会い [京はるなさん]

今日で、ブログを始めてから10年になります。
長かったような、短かったような。

色々な出会いがありました。
たくさんの、かけがえのない友だちに出会えました。

銚子や湯河原、五反田ではっちゃけたし、中野や野方で美味しいもつ焼きも堪能したし、
陣馬山で最高のビールもキメたし、宇宙一美味しいラーメンも食べたし、あちこちの街を
モヤモヤしたし、ゴージャスなBBQにも行ったし、ガクソン&ハルイシー兄弟にも遊んで
もらったし、屋形船でヒムロックも熱唱したし。
たくさん、たくさんの思い出は、宝石のように、僕の心の中で今なおきらめいています。

縁の恵みに、心から感謝しています。
みなさま、本当に、本当にありがとうございます。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

灯台長

---

出会いといえば。

5年前の8月のある朝、目が覚めた瞬間、なぜだか分からないが会社を休もうと決めた。

起きてからずっと白ワインを飲んでいたのだけれども、せっかくの平日の休み、
どこか街に出なくてはと思い、ほどけた靴紐をむすんで練馬駅に向かった。
池袋で電車を降りて、あてもなく街をさまよっていると、東口の飲み屋街で「ストリップ」
の看板を目にした。

昭和後期の高校時代、地元でストリップ劇場に行ったことがあった。
熊本の下通を入ったところにある劇場前(当時の東洋ショー)では、人の良さそうな
おじいちゃんが「お兄ちゃん、今日はきれいなコ、いっぱいおるよー!」
そんな呼び込みに誘われて、劇場の門をくぐった。

初めて観るストリップは、それはもう衝撃的だった。
ネットなどない時代、女性のヌードを、しかも身近に見られるなどという事はない時代。
感激のあまり、翌週も劇場に行ってしまった。
そして、その後もしばしば足を運ぶようになった。

それから時は過ぎ、東京に出てきてから、東京にも(東京こそが本場なのだけれども)
ストリップ劇場があると知り、何度か観劇した。
当時、通っていたのは渋谷の道劇(道頓堀劇場)。
昭和と平成の差はかくたるや、高校時代に僕が観たステージとは全く異なる、
若くてきれいな女性がダンスを舞っていた。
女性の体とは、そしてその踊りとは、こんなにも美しいものかと感動した。

冒頭に戻る。
その日の池袋ミカド劇場の思い出は、灼熱の太陽と、鳴き止まぬ蝉の声と、
街の喧騒をしのぎ、今なお静謐かつ鮮やかに目に、脳裏に焼き付いている
(その日の香盤も覚えている)。
僕が大学時代に観たときよりも、さらに美しく、魅力的な踊り子さんたちが、
次から次へと現れ、華麗に舞い、正直、頭が混乱してしまった。

そうした中、出会ったのが、京はるなさんだった。
艶やかな長い黒髪に、大きく美しい三日月目、鼻すじはすらりと通り、
優しげに笑みをたたえている。
まさに、洗練された、清純で可憐なセーラー服の美少女。
照明が上がった瞬間、ハッとした。
天使だ・・・!!!

そのときに観たのは、「受験生ブルース」という演目だった。
それは、僕のストリップ経験の中でも画期的なものだった。
ストーリー展開、表情やしぐさ、選曲、そしてエロスの魅せ方など、
すべてが本当に素晴らしかった。

下北系演劇、能、狂言、歌舞伎など色々な分野の舞台を観たことがあったのだけれども、
それらとは全く異なる、格段にものすごい、ワクワク・ドキドキ・エロエロなステージだった。
こんなに楽しいことが、この世にあったんだー!
刹那、京はるなさんに、完全に心を射抜かれてしまった。

そのとき、初めてポラを撮った。
ファンのみなさんは、写真を撮りながら京さんと楽しげにお話している。
一見の僕は、どんな事をお話しすればよいのだろう・・・。
逡巡しながら、行列に並んだ。

やがて、僕の番となった。
「いらっしゃい!いらっしゃい!」
京さんは、鈴を転がすような可愛らしい声で、僕を迎えてくれた。
とてもキュートなポラ着の京さんと一緒に、ツーショットの写真を撮った。
キラキラとした瞳がまばゆい、心に染み入るような笑顔だった。

以来、京さんのステージを追い、さまざまな劇場に行った。
蕨、大和、西川口、栗橋、横浜、新宿、渋谷、上野、岐阜、小倉。
そして、たくさんの美しく素晴らしい踊り子さんにお会いすることができた。
加えて、たくさんの楽しいファンのみなさんと出会えたのは、ひとえに京さんのおかげだ。

「踊り子さん」は、僕の中で、そして多くのファンのみなさんの中で、もっとも尊いと思う。
劇場の帰り道、ファンのみなさんは、とても素敵な笑顔に満ちている。
その中に、もちろん僕もいる。
月光まばゆく輝く下、その日のステージを何度も思い返しながら家に帰った。
こんなにも、みんなに感激を与えてくれる存在があるだろうか。

誰しも、思春期には大好きなアイドルがいて、そして今もいると思う。
僕の世代の男子だと聖子ちゃんや明菜ちゃんやキョンキョン
(僕は原田知世ちゃんファンだった)、女子だとジャニーズ系の方々とか。
最近ではさらに、メジャー・マイナー問わず、たくさんのアイドルがいる。
みなさん、とても魅力的だ。

ストリップも、まさにそれと同じだと思う。
たくさんの踊り子さんがいて、みなさん、それぞれのチャームポイントをもっている。
踊り子さんは、本当に身を削って、毎回、真摯にステージに臨んでいる。
そして、いつも笑顔で溌剌としたステージを魅せてくれる。
ポラのときも、慈愛に満ち、優しく写真を撮ってくれる。
踊り子さんこそ、地上に舞い降りた正真正銘のアイドルだ。

そして、これは強調したいのだけれども、ストリップには女性のお客さんもたくさんいる。
むしろ、最近は確実に増えている。
楽しく美しいステージは、男女問わず、とても魅力的だから。
劇場は、女性のお客さんも大歓迎です。

思い入れが強くてちょっと長くなってしまいましたが、
ぜひぜひストリップ劇場に行ってみてください!!!
本当に、本当にとっても楽しいです!美しいです!
エンターテイメントの極みといっても過言ではありません!
ぜひぜひ!!!

---

今いる実家では、地元出身の橋本環奈さんが色々なCMに引っ張りだこで、
テレビで見るたびに京さんを思い出す。



そして!!!
今年の7月は京さんのデビュー10周年!!!
親分、超激盛大にお祝いいたします!!!

今年の夏は、暑く(熱く)なりそうだゼ!!!



nice!(0) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@「夢の中へ」「Dragon Lady」 [京はるなさん]

3頭(3月1日~10日)、A級小倉劇場にて。

---

待ちに待った京さんのステージ!きゃっほう!!!
という訳で、北九州は小倉まで行ってきた。
実家からは一時間半ほど、思ったより近い(練馬から大和に行くくらいかな)

1ステージ目は「夢の中へ」
京さんは、美術部の女子高生。今どきのイケてる女子高生じゃなくて、真面目な
美術部の女子高生。イーゼルにかけられたカンバスに向かって油絵を描いている。
セーラー服の下にジャージを重ねばきしてるところが、実にリアルな女子高生(笑)

ふと、筆を止め、カンバスに見入る京さん。
そして、カンバスの裏に消える。
しばしの後、再びステージに現れると・・・
そこには、純白のドレスをまとったお姫さまのような京さんが!超激可愛い!

男の子もそうだけど、女子高生というのは、将来への希望と不安に揺れ動く
とても多感な年ごろ。
その繊細な姿を、京さんは見事に表現している。
○ーミンの名曲もあいまって、心の機微が鮮やかに浮かび上がる。

夢の中で、京さんは華麗に踊る。
そこには、希望にあふれた無垢な少女の世界がある。
ここのところ若干いろいろな転機に遭い、そして一つ年を重ねた僕は
ステージ上の京さんに思いを重ねながら、軽やかに舞うドレスをずっと観ていた。

そして、2ステージ目は「DragonLady」!ひたすらに明るくてはっちゃけた楽しい演目!
鮮やかなヌンチャクさばきに、いつも感動する。超激かっこいい!
神秘的なベッドからアフターバーナー全開の終盤へと、構成も実に素晴らしい。
純白のドレスも素敵だけれど、ピンクのこちらの衣装も華やかで美しいなあ。

踊り子さんには、色んなキャッチフレーズがある。
京さんは、ご自身を「踊れない踊り子」と仰ってるけど、とんでもない。僕にとって『天使』だ。
天使すぎるアイドル以上に、天使すぎる踊り子さんだ(京さんによく似てるんだよねー)
そんな京さんにお会いできたAQKの3頭楽日は、まさに「天使降臨」の一夜だった。

京さん、いつも素晴らしいステージを本当にありがとうありがとう!(←京さん風)

---

ポラのとき「もー!ちょっと目を離すとすぐ入院するんだから!」って言われちゃった(笑)
ごめんなさいごめんなさいm(_ _)m
これからは、入院は控えめにするですー(てへぺろ)



nice!(2) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@HAPPY BIRTHDAY!!! [京はるなさん]

京はるな様

お誕生日おめでとうございます!!!

本来ならば何を差し置いても押っ取り刀でお祝いに参上しなくてはならないのですが、
九州の片田舎におり、御目見得が叶わず申し訳ございませんm(_ _)m
そこで、今回は「京さんに質問タイム!」を想定して、それに回答してみました!

Q:京さんの作品の中で一番好きな演目は何ですか?
A:正味の話、全部です!
いやー、どの演目も大好きで、ほんと選べないのデスf^_^;
京さんのステージを初めて観たのが2011年。
なので、その頃から後の演目を辿ってみます。

・受験生ブルース
初めて観た京さんのステージです。今までに観たストリップとは全く異なる、
まるで演劇を観ているかの様なワクワク感にものすごい衝撃を受けました。
ストリップって、こんなに美しくて楽しいんだ!
ラムネを飲む度に、今でもこの演目を思い浮かべます(笑)

・Dragon Lady
7周年作品で、初めて劇場の周年イベントに参加しました。
ファンの皆さまとも知り合えた、思い出の演目です。
ヌンチャクさばきがとってもダイナミック!
そして終盤、○爆のタメでの挑発するような眼差しが、ぞくぞくするくらい魅力的・・・!

・ねこカフェ
とにかくかわいい!京さんにネコのコスプレは、もはや反則なくらい似合ってます!
ナイス過ぎると言っても過言ではないでしょう!(村西監督)
ベッドの振り付けも、ものすご素晴らしく色っぽくてカッコいいです。
灼熱の大和が懐かしい~(笑)

・収穫祭
実りの秋の情景を思い起こさせる、とても叙情的な演目です。
美しくて、ちょっと切ないドイツ語の曲に合わせたダンスが素敵。
観ているうちに、中世ヨーロッパにタイムトラベルしたような感覚に。
軽快な音楽に合わせての巧みなステップは、観ているだけで心がウキウキします。

・どろぼうねこ
もう、登場のシーンでKOされてしまいました。
ナレーションに合わせて首を一瞬傾ける仕草、振り返ってのネコのダンス。
音楽でいう「頭サビ」的な。いや、この演目は、どこをとってもサビですね。
黒猫になって宝物を探す京さんは、まるでcuriosityにあふれた子ネコのよう。
かわいすぎる!

Q:京さんの魅力を漢字一文字で表すと?
A:「京」です。
京という字には、「多くの人々が集まるところ」という意味があります。
京さんのステージは、たくさんのドキドキやワクワクやエロエロやワハハハにあふれています。
そして、たくさんのお客さんが京さんのステージに心を射抜かれ、ときめき、たくさんのhappyを
もらっています。
多くの人たちの真ん中で、みんなに官能と感動を与えてくれる、そんな京さんを表す文字は、
まさに「京」だと思います。

Q:今後、京さんにどんな演目を作ってもらいたいですか?
A:ガンダム(ファースト)に関する演目です。
僕が小学校高学年だった頃、空前のガンダムブームの真っ只中でした。
小学生男子はみんな、いつもガンダムか給食の献立かクワガタの話ばかりしていました(笑)
そんなガンダムが劇場に登場したら、団塊ジュニア世代のお客さんは、
きっと涙して喜ぶと思います。
あと、アムロ&シャア、シャア&ガルマ、マ・クベ&ウラガンなどなど、「腐的」な要素も
たくさんありますよ~(^_-)-☆

ステージを思い浮かべながら書いていたら、なんだか長文になってしまいましたf^_^;
そして、京さんのステージがとっても観たくなりました。
京さん、いつも素敵なステージを本当にありがとう、ありがとう
(すっかり京さんの口ぐせがうつっちゃった(笑))。
これからも、ずっとずっと、京さんを超超超激応援いたします!!!(^o^)

寒さ厳しき折、くれぐれも暖かくしてご自愛くださいませませ。
Happy Birthday!!!
and I love you from cradle to flatline...

2016年2月10日
灯台長

---

あと、個人的にとってもすごいと思ったエピソード。
以前、京さんがイベントで踊ってる動画がtwitterに上がってて、それがとても華麗で
可愛かったので劇場で尋ねたところ、「あ、あれはアドリブだよー」ってサラリと。
京さん・・・おそろしい子!(白目)

---

京はるなさんのステージは、2月11日から2月20日まで、
池袋ミカド劇場で観劇できます。
皆さま、ぜひぜひお運びを!



nice!(2) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@京のできごとオフラインぜんぶ [京はるなさん]

2015年9月、京はるなさん著の「京のできごとオフラインぜんぶ」が出版されましたー!

---

デビューしてから今年で10年目を迎える京さん。
超激可愛らしい笑顔とストーリー性のある作品、キレッキレのダンスが特長で、
全国の劇場を舞台に多くのファンを魅了しています。

踊り子としてのダンスの魅力はもちろんのこと、最近では軽妙なトークや
得意のお料理を生かしたイベントなど、さまざまな分野でも大活躍中。
今年の冬にはお芝居にも挑戦します。

そして、京さんのもう一つの特技がイラスト。
これがもう、プロ顔負けの上手さ。
それを生かして作られたのが、フリーペーパー「京のできごとオフライン」

ステージやイベントごとに制作・配布される「京のできごとオフライン」には、
演じられる作品の紹介やイベントのスケジュールの告知のみならず、
踊り子さん達との交流や楽屋の楽しい裏話などが描かれています。

2011年7月からスタートしたこの「京のできごとオフライン」も、
2015年4月、遂に100号目を迎えました。
それを記念して出版されたのが、「京のできごとオフラインぜんぶ」です。

これまでのバックナンバーに加えて、歴代の周年グッズのイラストや
描き下ろし作品も収録されています。
この一冊を読めば、踊り子・京はるなさんの全てが分かる貴重な一冊。

詳細はこちらです。

---

「京のできごとオフラインぜんぶ」は、書店での取り扱いはなく、
劇場やイベント会場での京さんの手売りのみとなっています(価格は1冊2000円)
「読んでみたいなー」と思ったそこのあなた!ぜひぜひ足をお運びくださいませ。

ちなみに、近日中の主なスケジュールはこちら。

・9月21~9月30日 ステージ(岐阜/まさご座)
・10月2日 トークショー「風俗嬢のから騒ぎ」(新宿/シアターPOO)
・10月11~20日 ステージ(池袋/ミカド劇場)
・10月25日 弱虫ペダルイベント「妄想への高回転2」(新宿/シアターPOO)
・10月30日 ハロウィンイベント(新宿/シアターPOO)
・11月1~10日 ステージ(都内TS系列劇場)
・11月14日 お料理イベント「小料理はるな」(新宿/Bar Frame)
・11月26~29日 お芝居「浅草艶絵巻」(浅草/浅草リトルシアター)

---

最近では、劇場でも男女を問わず若いお客さんをよく目にします。
それだけ、「ストリップ」に対する偏見がなくなってきているのだと思います。
かつての「いやらしいおじさん達が集う、暗くじめじめした世界」というイメージ
とは異なり、現在の劇場は、美しい踊り子さんが自らの身体を使ってエロスを
表現する、明るく華やかな場となっています。

とはいえ、「いきなりヌードを見るのは、ちょっと気恥ずかしい。。。」という
方もいらっしゃるかと思います。
そうした方は、まずはイベントなどに足を運んでみられてはいかがでしょうか。
ステージとはまた違った京さんの素顔に、きっと魅力を感じられることでしょう。

京さん風に言うと、「悪い子のみんな、劇場(イベント会場)で僕と握手!」




nice!(0) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@冒険者 [京はるなさん]

昨日は京はるなさんのステージを観に新宿TS劇場に行って来ました。
灼熱の朝、開演前の劇場の階段には既に大行列が!

---

思い返せば、ちょうど5年前の8月の暑い日、初めて京さんのステージを観た。
たまたまの平日休みに訪れた池袋ミカド劇場だったんだけど、
一目見てすっかり心を射抜かれてしまった。超激かっこいい!&かわいい!

今回は新宿だったんだけど、出演の踊り子さんが愛野いづみさん、上野綾さんと、
偶然にも5年前と同じ方々!
お二方とも、今も変わらずとっても綺麗で美しかった。

---

冒険者は、追い求める物を探し続ける。大いなる野望をもって。
そして、やがて宝物にたどり着く。
とても蠱惑的な宝物に・・・

そこからは、京さんの独壇場。
圧倒的な表現力と甘美な世界。
そして、それを彩る美しい音楽。

明るく陽気で、でも哀愁を帯びていて、そしてエロスのど真ん中にストレートを
投げ込んでくるような京さんのステージ。
あっという間なんだけど、何時間も観ていたような、とっても濃いひとときだった。

---

今回は栗鳥巣さんとのチームショーもあるでよー。
進撃の巨人のオマージュの演目で、栗鳥巣さんがユミルで京さんがクリスタ!
8月1日~10日まで新宿TS 劇場にて絶賛公演中!皆さま、ぜひぜひお運びをー!





nice!(0) 
共通テーマ:blog

小料理はるな@京はるなさん [京はるなさん]

3月20日、「小料理はるな」に行ってきました。

---

この日は、踊り子の京はるなさんがお手製の料理を振舞うというイベント。
よい子の僕たちは、みんなお腹を空かせて参上しました。
たくさんの美味しい料理の写真を撮ったので、それをご紹介したかったのですが、
翌々日、愛ホンのデータが全部とんでしまい。。。(T_T)
今回は、テキストにてのご紹介です(画像は京さんのブログ&Twitterから)

---

今回のメニューはこちら。
【つきだし】
・ほうれん草のナムル
・きのこのマリネ

【サラダ】
・アンチョビポテト
・山芋とアスパラの梅よごし

【メイン】
・とり肉と豆腐のハンバーグ
・フェアジョーダ
・アイスバイン
・だしまき卵

【スープ】
豆乳のスープ

【しめ】
鶏油飯(スープつき)

---

こちらは開店前の様子。
20150321_1399573.jpg
いただきまーす!!!

今回は、食べたい料理をチョイスするスタイル。
もちろん、全部のメニューをいただきました(ニヤリ)

ほうれん草のナムルは、実にあっさりとした美味しさ。
きのこのマリネも、ビネガーがきいていてさっぱり味。

アンチョビポテトは、アンチョビの風味がしっかりときいていて美味しい。
山芋とアスパラの梅よごし、僕が大好きな物のコラボ。

ちなみに、今回の司会&アシスタントは「こうしど兄さん」こと松本格子戸さん。
のっけからハイテンションで場を盛り上げてくれました(笑)
CAmpXqWUMAAtvAw.jpg

とり肉と豆腐のハンバーグ。豆腐入りとは思えないジューシーさ。
フェアジョーダは、スパイシーながらとっても優しい味。
そしてアイスバイン!じっくりと煮込んだだけあって、ハーブがしみじみと香る。
だしまき卵もだしがきいてて、「僕、この家の子になるー!」的な美味しさ。

豆乳のスープはほっこりと温かい味。
そしてしめの鶏油飯。しっとりとしたご飯に香ばしい油が香って実に美味しい。

割烹着姿の京さんは、実にてきぱきとお料理を作ってくれていました。
20150321_1399575.jpg

踊り子さんは、しばしば女神・天宇受賣命(アメノウズメ)に例えられることがある。
この日の京さんは、ステージとはまた違う、まさに料理の女神だった。
どの料理も超超超激美味しかったー!!!ごちそうさまでした!!!

---

イベント終了後、仕込みのため前日2時間しか寝られなかった京さんは夢の中へ(^_^)
20150321_1399576.jpg

京さん、本当にお疲れさまでした&ありがとうございました!!!
次回の小料理はるなを心から楽しみにしてまーす!!!



nice!(1) 
共通テーマ:blog

京はるなさん@どろぼうねこ [京はるなさん]

先週は京はるなさんのお誕生日週でした。

---

今回の新作は「どろぼうねこ」
怪しげな黒ねこは、深夜、街を徘徊する。
そして、あちこちに当たりをつける。

ポリスは、それに対してガードをする。
しっかりと、確実に。
しかし、結局は黒ねこに盗られてしまう。大切な真珠の首飾りを。

---

劇場前で写真撮ってたら、出勤中さっとフレームインして去ってった、まさに黒ねこな京さん(笑)

20152010.jpg
HAPPY BIRTHDAY!!!


nice!(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 京はるなさん ブログトップ