So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-05-12

先日、両親とママ友のおばさまとビアガーデンに行った際。

おばさまから「こーちゃんは、ほんなこつ素直かねー。反抗期とかなかったろ?」
半分は当たってて、半分は異なる。

---

小学校を卒業してから全寮制の軍隊に入ったので、両親に対する反抗期はなかった。
そのかわり、その矛先は寮監に向けられた。

頭の足りない(当時の僕たちより頭悪かったと思う)、暴力だけがとりえの野蛮な存在。
思春期のモヤモヤは、寮監への反発というかたちであらわれた。

2号生徒だったある夏の日。めちゃくちゃ暑かったんだけど、寮のクーラーは全然効かない。
それなのに、寮監室からは超ひんやりとした空気が。

あまりに理不尽で頭にきたので「あーあ、ここは涼しくていいなー!」
って大声で言いながら通り過ぎたら、「いま言ったやつ、誰や!」

「僕ですけど、何か?」って答えたら、寮監室に連れ込まれて殴る蹴るの暴行を受けた。
40発くらい殴られたり蹴られたりしたかなー。

で、「反省したや?」って問われたんだけど、若かった僕は、寮監を挑発するべく、
ポケットからヤクルトを取り出し、目を見ながらゆっくりと飲み干した。

で、「僕はあなたと違って勉強で忙しいので、これで失礼します」って答えた。
薄ら笑いをうかべながら。

そしたら寮監は、もう発狂したかのように激高して、さらに40発くらい殴られて蹴られた。
その間も、僕はずっと寮監の目を見ながら、殴られたり蹴られたりした数をかぞえてた。

で、最後に。ぼこぼこに腫れ上がった顔で、「暴力は、何も生みませんよ」と言ったら、
さすがに寮監も何も言えなかった。試合に負けて勝負に勝った、的な感じ?

---

で、何が言いたいのかというと、僕は生まれもってのドMなんだろうねー(肉体的に)
殴られても蹴られても全然こたえなかった。むしろ、気持ちよかったかもしれない。

求む、三日月目美人の女王様!



nice!(4) 
共通テーマ:blog

2017-05-10

今週末、今いる団体に監査が入るらしい的なことになって。
昨日は公認会計士の先生に、色々と相談してた。

で、家でその話をしたら、ママが、
「ウチも10年前までは、全店で1日に20(万円)以上の純益のあったけんね」

くりびつ!純益だよ!?
実家は週に1日しか休みがなかったから、換算すると・・・そこそこのおぜぜだよね。

ま、その後、国税が入って全部わやになっちゃったんだけどねー(ヒント:脱税)
あれ、本当に「国税局査察部です」って、全店一斉に来るらしいよー。



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-05-08

「ぱいぱいでか美」ってネーミング、考えた人にノーベル賞あげたいよね

---

女子高の校舎のバルコニーからパンティーをばらまき檄を飛ばす、
三島かぶれのブルセラおやじ

---

京極「ぐへへ、ゆう子はんのアワビ、もうこないにまったりとなっとるでぇ?」
栗田「やだ・・・京極さんの松茸だって、シャッキリポンとしてるわ・・・」
#大人の美味しんぼ

---

大友「リッツパーティーって言ったりルヴァンパーティーって言ったり、
テメエの舌は何枚あるんだコノヤロー!」

image.jpeg



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-05-07

織田「親分、ワシ、組割りますわ」
井上「え!?なんでや?」
織田「これから、六山に返ししたろ思いまして」
井上「そら、ワシも考えとる。で、それがなんで組割ることになるんや?」
織田「『使用者責任』って、ありまっしゃろ?ワシが動いたら、親分に累が及びますさかい」
井上「せやかて、そしたら自分、一切の責任を負うことになるで?」
織田「かめしまへん。親分は生涯、ワシの親ですさかい」
井上「織田、お前っちゅう奴は・・・!(号泣)」

image.png

---

って、泣いた赤鬼的なストーリーがあったらいいなーって思ってる。
あ、任俠団体山口組の話。



nice!(3) 
共通テーマ:blog

2017-05-06

10年くらい前のGW、うぐいすビールのK子さんと横須賀に行ったとき。

三笠公園でのんびり観光して、どぶ板通りの洋食屋さんに入った。
注文したのは、もちろん海軍カレー。

image.jpeg

横須賀は、カレーの発祥地であるといわれている(諸説あり)
良い意味でもっさりとした、いわゆる「日本の家庭のカレー」はとても美味しかった。

で、例によって2~3分で食べ終わって、K子さんのお皿にふと目をやったら
「ダメ!」ってあわてて両手でお皿を覆われた。

当時の僕は超大食いだったので、恐らく自分のカレーを食べられちゃうと思ったんだろう。
必死な形相に、思わず笑ってしまった。

---

何でもないような事が 幸せだったと思う。



nice!(0) 
共通テーマ:blog

2017-05-05

今日は、お昼からお見合い相手の方と会ってきます。
前回に続き、二度目にお会いする方。

彼女いない歴、つーか独身1年3カ月にもなると、アプローチの仕方も忘れちゃって。
せっかくLINEも教えてもらったのに、ぼんやりと一週間を過ごしてた。

でも、本来の僕は超奥手。
思春期を、男しかいない軍隊で過ごしたもんで。

初めて女性とお付き合いしたときは、そりゃもう緊張したなー。
何をどうすればいいのか分からない感じ。今もそう。

共通の話題はそんなにないんだけど、どうしようかなー。
とりあえず、おっぱいだけずっと見ていようと思う(巨乳でいらっしゃるので)



nice!(1) 
共通テーマ:blog

2017-05-04

昨日からゴールデンウィークで5連休!

まいにち働いてると、お休みのありがたさが身にしみる。
でも、これといってすることないんだよねー。

東京にいたころは、目的もなく池袋や新宿をぶらぶらしてたんだけど、
今じゃ最寄りの都会(福岡)まで電車で一時間。遠いなー。

きのう両親と話してて、今日の予定だけは決まった。
大牟田のホテルのビアガーデン。

もう、こんなに夏を先取りしちゃっていいのかしら。



いなせだね 夏を連れて来た酒。



nice!(1) 
共通テーマ:blog

2017-05-02

まあ、僕はいわゆる躁うつ病なわけですが。

2012年の秋ごろから明らかに体調が悪くなり、医師の友だちの助言もあって
心療内科を受診した。

そのときの診断ではうつ病ということで、色々とお薬を処方された。
でも、一向に状態は好転せず、むしろ悪化の一途をたどっていき。

で、勝手に服薬を止めたんだけど、そしたら離脱症状がすごかった。
いわゆる「シャンビリ」状態。パキシルとサインバルタは強いお薬だからねー。

で、色々あって、練馬のマリコ先生の病院を訪れた。
で、それまでの薬歴を伝えたら、愕然として「むちゃくちゃだ。。。」

もちろん、最初の病院の先生の診断をどうこういう訳ではない。
躁うつ病は、診断がとても難しいときくので。

で、何が言いたいのかというと、心の病においては、セカンドオピニオンがとても大事。
脳を左右するお薬を飲むことになるので、非常にセンシティブな問題。

「あれ?ちょっと(精神的に)体調がすぐれないかな?」って思ったら、
すぐに心療内科を受診することを強くお勧めします。先生方は、みなさん優しいですよ。

---

ちな、うつ病のお薬を飲んでた当時は、新鮮で楽しかった。超ハイテンション。
飲み屋で飲んでても、お店の人すべての会話が耳に飛び込んでくる。聖徳太子状態。

「人間の脳の70%は、使用されていないと言われる」
そのNIGHT HEADをフル回転させてた時期。



nice!(4) 
共通テーマ:blog

2017-05-01

軍隊時代、大ちゃんって友だちがいた。
地元の工業高校のヤンキー。

下通(熊本市内の商店街)が開催した「おしゃれコンテスト」で知り合った友だち(黒歴史)
ヤンキーながら、人懐こくていいやつだった。

大ちゃんと遊びに行くと、話は振ってくれるはナンパはしてくれるはで、
とにかく気を使わなくて楽しかった。

でも、本音をいうと、僕は若干、粗暴な大ちゃんを下にみてたかもしれない。
大ちゃんの方も、僕のお金が目当てだった節がある。飲み代や遊び代は僕が払ってたので。

どっかでみたことある構図だなーって思ったら、『人間失格』だった。
大庭葉蔵と堀木正雄の関係。馴れ合いと打算の上に成り立った友情。

---

「W浅野のどっちかと付き合いたかー!」って言ってた大ちゃん。
元気かな。きっと、いい父親になってそうな気がする。

僕は、恥の多い生涯を送って来ました。
いや、今も送っています、かな。



nice!(4) 
共通テーマ:blog

2017-04-30

SMクラブといえば。

東京にいた頃、何人かのヤクザと飲んだことがあったんだけど。
で、飲んでお互いの性癖を語れ的な流れになったんだけど、全員みごとにドMだった。

その筋に詳しい鈴木智彦氏の著書でも、同様なことが書かれてた。
普段、暴力をふるう側だから、プライベートではその反動がでるんだろうと。

そういえば、阿佐ヶ谷の飲み屋で飲んだとき。例によって僕がベロベロになったんだけど。
親分さんが若衆に「このコ、(お店の外に)連れておいきっ!」

泥酔しながらも「おすぎかよ!」って突っ込んだことがあった。
まあ、よく無事に帰れたもんだよねー。



nice!(3) 
共通テーマ:blog